誕生花 1月18日 パフィオペディ ルムの分類 植物界 Plantae 被子植物門 Magnoliophyta 単子葉植物綱 Liliopsida ラン目 ... 誕生花 1月18日 パフィオペディ ルムの分類 植物界 Plantae 被子植物門 Magnoliophyta 単子葉植物綱 Liliopsida ラン目 ... 誕生花 12月27日 ラン(パフィオペ ディルム) の分類 植物界 Plantae 被子植物門 Magnoliophyta 単子葉植物綱 Liliopsida ... 誕生花 12月27日 ラン(パフィオペ ディルム) の分類 植物界 Plantae 被子植物門 Magnoliophyta 単子葉植物綱 Liliopsida ... 袋状の花弁を持つ洋ランの代表的な一群です。 独特の形から人気があり、水戸徳川家がコレクションしていたとも言われています。 ビーナス神の聖地パフォスとラテン語のペディルム(上靴)が名前の由来です。... 袋状の花弁を持つ洋ランの代表的な一群です。 独特の形から人気があり、水戸徳川家がコレクションしていたとも言われています。 ビーナス神の聖地パフォスとラテン語のペディルム(上靴)が名前の由来です。... インドの北東部が原産です。標高1000〜1500メートルの山地に生える地生ランです。葉は線状長楕円形で緑色です。花茎を斜上して伸ばし、直径8〜10センチほどの花をひとつだけ咲かせます。上萼片は黄緑色で... インドの北東部が原産です。標高1000〜1500メートルの山地に生える地生ランです。葉は線状長楕円形で緑色です。花茎を斜上して伸ばし、直径8〜10センチほどの花をひとつだけ咲かせます。上萼片は黄緑色で... upload at 2006/02/21 パフィオペディルム・インシグネ (Paphiopedilum insigne) 。奇跡の星の植物館 関連キーワード 植物 / 奇跡の星の植物館(淡路島) /... upload at 2006/02/21 パフィオペディルム・インシグネ (Paphiopedilum insigne) 。奇跡の星の植物館 関連キーワード 植物 / 奇跡の星の植物館(淡路島) /... ビルマ北部から中国南西部に分布しています。標高1200〜1500メートルの山地に生える地生ランです。葉は淡緑色で、濃緑色の斑紋が入り、裏面には赤紫色の斑点があります。花茎を伸ばして、直径10センチほど... ビルマ北部から中国南西部に分布しています。標高1200〜1500メートルの山地に生える地生ランです。葉は淡緑色で、濃緑色の斑紋が入り、裏面には赤紫色の斑点があります。花茎を伸ばして、直径10センチほど... 東南アジアを中心に中国南部やインド、フィリピンに70種ほどが分 東南アジアを中心に中国南部やインド、フィリピンに70種ほどが分 パフィオペディルム・ウェンシャネンセ パフィオペディルム・カロッスム パフィオペディルム・グラトリクサヌム パフィオペディルム・ゴデフロイアエ パフィオペディルム・スパルディ ... パフィオペディルム・ウェンシャネンセ パフィオペディルム・カロッスム パフィオペディルム・グラトリクサヌム パフィオペディルム・ゴデフロイアエ パフィオペディルム・スパルディ ... アウレウム種(Paph. Aureum)とボルトニイ種(Paph. Boltonii)から育成された種間交雑種です。上萼片は淡いクリーム色で、淡褐色の斑点があります。 アウレウム種(Paph. Aureum)とボルトニイ種(Paph. Boltonii)から育成された種間交雑種です。上萼片は淡いクリーム色で、淡褐色の斑点があります。 パフィオペディルムの花言葉 気まぐれ 変わりやすい愛情 官能的、変わり者 パフィオペディルム 解説... パフィオペディルムの花言葉 気まぐれ 変わりやすい愛情 官能的、変わり者 パフィオペディルム 解説...  案内 ア カ サ タ ナ ハ マ ヤ ラ、ワ | 案内 | ア | カ | サ | タ | ナ | ハ | マ | ヤ | ラ、ワ | パフィオペディルム 花言葉●責任感の強い人 英◆レディース・スリッパ パフィオペディルム 花言葉●責任感の強い人 英◆レディース・スリッパ アウレウム種(Paph. Aureum)とボルトニイ種(Paph. Boltonii)から育成された種間交雑種です。上萼片は淡いクリーム色で、淡褐色の斑点があります。 アウレウム種(Paph. Aureum)とボルトニイ種(Paph. Boltonii)から育成された種間交雑種です。上萼片は淡いクリーム色で、淡褐色の斑点があります。 東南アジアを中心に中国南部やインド、フィリピンに70種ほどが分 東南アジアを中心に中国南部やインド、フィリピンに70種ほどが分 ベトナムやラオスが原産です。葉は線状長楕円形で、緑色をしています。花茎を伸ばして、花をひとつだけ咲かせます。上萼片は白色で、目立った紫褐色の斑紋があり、花弁は黄褐色に紫褐色の筋、唇弁は黄褐色です。 ベトナムやラオスが原産です。葉は線状長楕円形で、緑色をしています。花茎を伸ばして、花をひとつだけ咲かせます。上萼片は白色で、目立った紫褐色の斑紋があり、花弁は黄褐色に紫褐色の筋、唇弁は黄褐色です。 パフィオペディルム・ウェンシャネンセ パフィオペディルム・カロッスム パフィオペディルム・グラトリクサヌム パフィオペディルム・ゴデフロイアエ パフィオペディルム・スパルディ ... パフィオペディルム・ウェンシャネンセ パフィオペディルム・カロッスム パフィオペディルム・グラトリクサヌム パフィオペディルム・ゴデフロイアエ パフィオペディルム・スパルディ ... ベトナムやラオスが原産です。葉は線状長楕円形で、緑色をしています。花茎を伸ばして、花をひとつだけ咲かせます。上萼片は白色で、目立った紫褐色の斑紋があり、花弁は黄褐色に紫褐色の筋、唇弁は黄褐色です。 ベトナムやラオスが原産です。葉は線状長楕円形で、緑色をしています。花茎を伸ばして、花をひとつだけ咲かせます。上萼片は白色で、目立った紫褐色の斑紋があり、花弁は黄褐色に紫褐色の筋、唇弁は黄褐色です。 ビルマ北部から中国南西部に分布しています。標高1200〜1500メートルの山地に生える地生ランです。葉は淡緑色で、濃緑色の斑紋が入り、裏面には赤紫色の斑点があります。花茎を伸ばして、直径10センチほど... ビルマ北部から中国南西部に分布しています。標高1200〜1500メートルの山地に生える地生ランです。葉は淡緑色で、濃緑色の斑紋が入り、裏面には赤紫色の斑点があります。花茎を伸ばして、直径10センチほど... ビルマ北部から中国南西部に分布しています。標高1200〜1500メートルの山地に生える地生ランです。葉は淡緑色で、濃緑色の斑紋が入り、裏面には赤紫色の斑点があります。花茎を伸ばして、直径10センチほど... ビルマ北部から中国南西部に分布しています。標高1200〜1500メートルの山地に生える地生ランです。葉は淡緑色で、濃緑色の斑紋が入り、裏面には赤紫色の斑点があります。花茎を伸ばして、直径10センチほど... インドからネパール、バングラデシュのヒマラヤ周辺が原産です。標高60〜1350メートルの山麓に生える地生ランです。葉は濃緑色で淡い緑色の斑紋があります。冬に花茎を直立して伸ばし、直径8〜9センチの花を... インドからネパール、バングラデシュのヒマラヤ周辺が原産です。標高60〜1350メートルの山麓に生える地生ランです。葉は濃緑色で淡い緑色の斑紋があります。冬に花茎を直立して伸ばし、直径8〜9センチの花を... インドからネパール、バングラデシュのヒマラヤ周辺が原産です。標高60〜1350メートルの山麓に生える地生ランです。葉は濃緑色で淡い緑色の斑紋があります。冬に花茎を直立して伸ばし、直径8〜9センチの花を... インドからネパール、バングラデシュのヒマラヤ周辺が原産です。標高60〜1350メートルの山麓に生える地生ランです。葉は濃緑色で淡い緑色の斑紋があります。冬に花茎を直立して伸ばし、直径8〜9センチの花を... インドの北東部が原産です。標高1000〜1500メートルの山地に生える地生ランです。葉は線状長楕円形で緑色です。花茎を斜上して伸ばし、直径8〜10センチほどの花をひとつだけ咲かせます。上萼片は黄緑色で... インドの北東部が原産です。標高1000〜1500メートルの山地に生える地生ランです。葉は線状長楕円形で緑色です。花茎を斜上して伸ばし、直径8〜10センチほどの花をひとつだけ咲かせます。上萼片は黄緑色で... カロッスム種とローレンセアヌム種との種間交雑種群です。写真の品種は「マグニフィクム(cv. Magnificum)」。上萼片は大きく、白色に緑色の筋が入ります。 カロッスム種とローレンセアヌム種との種間交雑種群です。写真の品種は「マグニフィクム(cv. Magnificum)」。上萼片は大きく、白色に緑色の筋が入ります。 upload at 2006/02/22 パフィオペディルム・ローウィ (Paphiopedilum lowii) 。マレーシア、インドネシアに自生する。奇跡の星の植物館にて 関連キーワード 植物 /... upload at 2006/02/22 パフィオペディルム・ローウィ (Paphiopedilum lowii) 。マレーシア、インドネシアに自生する。奇跡の星の植物館にて 関連キーワード 植物 /... カロッスム種とローレンセアヌム種との種間交雑種群です。写真の品種は「マグニフィクム(cv. Magnificum)」。上萼片は大きく、白色に緑色の筋が入ります。 カロッスム種とローレンセアヌム種との種間交雑種群です。写真の品種は「マグニフィクム(cv. Magnificum)」。上萼片は大きく、白色に緑色の筋が入ります。 インドからネパール、バングラデシュのヒマラヤ周辺が原産です。標高60〜1350メートルの山麓に生える地生ランです。葉は濃緑色で淡い緑色の斑紋があります。冬に花茎を直立して伸ばし、直径8〜9センチの花を... インドからネパール、バングラデシュのヒマラヤ周辺が原産です。標高60〜1350メートルの山麓に生える地生ランです。葉は濃緑色で淡い緑色の斑紋があります。冬に花茎を直立して伸ばし、直径8〜9センチの花を... ベトナムやラオスが原産です。葉は線状長楕円形で、緑色をしています。花茎を伸ばして、花をひとつだけ咲かせます。上萼片は白色で、目立った紫褐色の斑紋があり、花弁は黄褐色に紫褐色の筋、唇弁は黄褐色です。 ベトナムやラオスが原産です。葉は線状長楕円形で、緑色をしています。花茎を伸ばして、花をひとつだけ咲かせます。上萼片は白色で、目立った紫褐色の斑紋があり、花弁は黄褐色に紫褐色の筋、唇弁は黄褐色です。 インドの東北部とビルマ北西部が原産です。標高300〜1300メートルの山地に生える地生ランです。葉は線状長楕円形で緑色をしています。花茎を斜上して伸ばし、直径5〜7センチの花をひとつだけ咲かせます。上... インドの東北部とビルマ北西部が原産です。標高300〜1300メートルの山地に生える地生ランです。葉は線状長楕円形で緑色をしています。花茎を斜上して伸ばし、直径5〜7センチの花をひとつだけ咲かせます。上... インドの東北部とビルマ北西部が原産です。標高300〜1300メートルの山地に生える地生ランです。葉は線状長楕円形で緑色をしています。花茎を斜上して伸ばし、直径5〜7センチの花をひとつだけ咲かせます。上... インドの東北部とビルマ北西部が原産です。標高300〜1300メートルの山地に生える地生ランです。葉は線状長楕円形で緑色をしています。花茎を斜上して伸ばし、直径5〜7センチの花をひとつだけ咲かせます。上... パフィオペディルム パフィオペディルム
次 »
詳細検索