ツバメ ツバメ ツバメの子育て ツバメの子育て これからしばらくの間、私の部屋の窓の外の電線でにぎやかに鳴いてくれるはず。 (2009/04/13) これからしばらくの間、私の部屋の窓の外の電線でにぎやかに鳴いてくれるはず。 (2009/04/13) ツバメシジミ ツバメシジミ [和名・種類] ツバメ [学名] Hirundo rustica [英名] Barn swallow [名前の由来] 燕。 [分布] 北海道南部〜九州 [科名] スズメ目ツバメ科 [鳴き声]... [和名・種類] ツバメ [学名] Hirundo rustica [英名] Barn swallow [名前の由来] 燕。 [分布] 北海道南部〜九州 [科名] スズメ目ツバメ科 [鳴き声]... ツバメオモト エリア13 ツバメオモト エリア13 これからしばらくの間、私の部屋の窓の外の電線でにぎやかに鳴いてくれるはず。 (2009/04/13) これからしばらくの間、私の部屋の窓の外の電線でにぎやかに鳴いてくれるはず。 (2009/04/13) クロツバメ クロツバメ ムラサキツバメ(オス) ムラサキツバメ(メス) ムラサキツバメ(オス) ムラサキツバメ(メス) 只今、ご夫婦で協力して、可愛い②卵を温めているとのこと。 ツバメ様ご夫婦の連携プレイ?は、とても素晴らしく、愛の力を感じます 只今、ご夫婦で協力して、可愛い②卵を温めているとのこと。 ツバメ様ご夫婦の連携プレイ?は、とても素晴らしく、愛の力を感じます 奥のコは胸あたりがふわふわでした。 奥のコは胸あたりがふわふわでした。 ツバメウオの大きさは50センチもあり迫力もある。 スズキ目 スダレダイ科に分類されていて釧路以南に生息 する。成長するにつれて背びれとしりびれが短くなるようだ。... ツバメウオの大きさは50センチもあり迫力もある。 スズキ目 スダレダイ科に分類されていて釧路以南に生息 する。成長するにつれて背びれとしりびれが短くなるようだ。... 7.ツバメ 7.ツバメ ©2005 CAVE CO. LTD. ©2005 CAVE CO., LTD. ムラサキツバメ コラム「しずおかの自然」 突如東日本に分布を広げたムラサキツバメ 発行:2000/06/01 清 邦彦 (静岡昆虫同好会) ムラサキツバメ コラム「しずおかの自然」 突如東日本に分布を広げたムラサキツバメ 発行:2000/06/01 清 邦彦 (静岡昆虫同好会) ツバメの巣 ツバメの巣 ツバメオモト 【学名】 Clintonia udensis 【園芸分類】 ユリ科 ツバメオモト属 【草丈】 20~30cm 【特徴】 亜高山の針葉樹林内に自生する。... ツバメオモト 【学名】 Clintonia udensis 【園芸分類】 ユリ科 ツバメオモト属 【草丈】 20~30cm 【特徴】 亜高山の針葉樹林内に自生する。... 換気扇の出っ張りの上にツバメが巣を作っていたんです。 ここなら雨にも打たれず快適な住み心地でしょう。 近付くと怯えさせてしまうので巣の中の様子を見ることはできませんが、 もう産卵をしたのでしょうか?... 換気扇の出っ張りの上にツバメが巣を作っていたんです。 ここなら雨にも打たれず快適な住み心地でしょう。 近付くと怯えさせてしまうので巣の中の様子を見ることはできませんが、 もう産卵をしたのでしょうか?... 【ツバメオモト】 【ツバメオモト】 flying swallows 空飛ぶツバメ... flying swallows 空飛ぶツバメ... ▼この写真素材が収録されている素材集 ▼この写真素材が収録されている素材集 ヒナが2羽 当社はと畜業務、牛の命を絶つ事を生業にしています。 この様に、身近に新しい命が誕生する場面を目に出来るのは なにかしらほっとし、何かのご縁(えにし)を感じます。 ヒナが2羽 当社はと畜業務、牛の命を絶つ事を生業にしています。 この様に、身近に新しい命が誕生する場面を目に出来るのは なにかしらほっとし、何かのご縁(えにし)を感じます。 背は黒く腹は白い。額とのどは赤褐色で、胸に黒い帯がある。体はスマートで、ふたまたに分かれた尾が長い。翼も長細い。全長約17cm。飛んでいる昆虫が主食で、メイガ、ハナアブ、ユスリカ、アブ、ハムシ、キンバ... 背は黒く腹は白い。額とのどは赤褐色で、胸に黒い帯がある。体はスマートで、ふたまたに分かれた尾が長い。翼も長細い。全長約17cm。飛んでいる昆虫が主食で、メイガ、ハナアブ、ユスリカ、アブ、ハムシ、キンバ... (2009/05/08) (2009/05/08) 名前 ( なまえ ) 名前 ( なまえ ) 二つめは、赤穂市の周世坂の手前にあったご存知、ボンカレーの松山容子さん。 懐かしいねえ。 何たってレトルト食品の草分け。我が家の手抜きキャンプにも活躍しました。 二つめは、赤穂市の周世坂の手前にあったご存知、ボンカレーの松山容子さん。 懐かしいねえ。 何たってレトルト食品の草分け。我が家の手抜きキャンプにも活躍しました。 その後も暫く見ていましたが、何度も親鳥が近くまで来ては巣に入らず、逃げていきます。 私がいるから巣に入らないんだ・・・と思い、退散しました。 雛、可愛いですね♪ 前のページ »... その後も暫く見ていましたが、何度も親鳥が近くまで来ては巣に入らず、逃げていきます。 私がいるから巣に入らないんだ・・・と思い、退散しました。 雛、可愛いですね♪ 前のページ »...
次 »
詳細検索