ツマトリソウ (端取草) 花の縁が薄い紅色に縁取られることから。 ツマトリソウ (端取草) 花の縁が薄い紅色に縁取られることから。 シャク 4〜5月 セリ科 シャク属 シャク 4〜5月 セリ科 シャク属 シロツメグサ 5〜10月 マメ科 シャジクソウ属 シロツメグサ 5〜10月 マメ科 シャジクソウ属 辨 シャク属 Anthriscus(峨參屬)については、 シャク を見よ。 訓 和名は英名から。 仏名はセルフィーユ cerfeuil。 説... 辨 シャク属 Anthriscus(峨參屬)については、 シャク を見よ。 訓 和名は英名から。 仏名はセルフィーユ cerfeuil。 説... シャク ( セリ科 シャク属 ) ボツボツ雨降る ダム湖にて。 やさしい雰囲気のセリ科さん、静かに群生していました。 山野のやや湿ったところや、河原の土手に生える多年草。背丈70〜140cm。... シャク ( セリ科 シャク属 ) ボツボツ雨降る ダム湖にて。 やさしい雰囲気のセリ科さん、静かに群生していました。 山野のやや湿ったところや、河原の土手に生える多年草。背丈70〜140cm。... 辨 シャク属 Anthriscus(峨參屬)には、次のようなものがある。 シャク (コシャク) A. aemula (東北峨參・峨參) 『中国本草図録』 オニシャク f.... 辨 シャク属 Anthriscus(峨參屬)には、次のようなものがある。 シャク (コシャク) A. aemula (東北峨參・峨參) 『中国本草図録』 オニシャク f.... 辨 シャク属 Anthriscus(峨參屬)には、次のようなものがある。 シャク (コシャク) A. aemula (東北峨參・峨參) 『中国本草図録』 オニシャク f.... 辨 シャク属 Anthriscus(峨參屬)には、次のようなものがある。 シャク (コシャク) A. aemula (東北峨參・峨參) 『中国本草図録』 オニシャク f.... シャク ( セリ科 シャク属 ) ボツボツ雨降る ダム湖にて。 やさしい雰囲気のセリ科さん、静かに群生していました。 山野のやや湿ったところや、河原の土手に生える多年草。背丈70〜140cm。... シャク ( セリ科 シャク属 ) ボツボツ雨降る ダム湖にて。 やさしい雰囲気のセリ科さん、静かに群生していました。 山野のやや湿ったところや、河原の土手に生える多年草。背丈70〜140cm。... 2007.5.3 新潟県 2007.5.3 新潟県 シロバナニガナ 5〜6月 キク科 ニガナ属 シロバナニガナ 5〜6月 キク科 ニガナ属 (オドリコソウ) 白花は東日本に多い 赤花は西日本に多い (マムシグサ) 花の苞は緑色から褐紫色 花は葉の上に位置する。 ウラシマソウ 肉穂花序の付属体 が糸状に長く伸びる サトイモ科... (オドリコソウ) 白花は東日本に多い 赤花は西日本に多い (マムシグサ) 花の苞は緑色から褐紫色 花は葉の上に位置する。 ウラシマソウ 肉穂花序の付属体 が糸状に長く伸びる サトイモ科... (オドリコソウ) 白花は東日本に多い 赤花は西日本に多い (マムシグサ) 花の苞は緑色から褐紫色 花は葉の上に位置する。 ウラシマソウ 肉穂花序の付属体 が糸状に長く伸びる サトイモ科... (オドリコソウ) 白花は東日本に多い 赤花は西日本に多い (マムシグサ) 花の苞は緑色から褐紫色 花は葉の上に位置する。 ウラシマソウ 肉穂花序の付属体 が糸状に長く伸びる サトイモ科... (オドリコソウ) 白花は東日本に多い 赤花は西日本に多い (マムシグサ) 花の苞は緑色から褐紫色 花は葉の上に位置する。 ウラシマソウ 肉穂花序の付属体 が糸状に長く伸びる サトイモ科... (オドリコソウ) 白花は東日本に多い 赤花は西日本に多い (マムシグサ) 花の苞は緑色から褐紫色 花は葉の上に位置する。 ウラシマソウ 肉穂花序の付属体 が糸状に長く伸びる サトイモ科... (オドリコソウ) 白花は東日本に多い 赤花は西日本に多い (マムシグサ) 花の苞は緑色から褐紫色 花は葉の上に位置する。 ウラシマソウ 肉穂花序の付属体 が糸状に長く伸びる サトイモ科... (オドリコソウ) 白花は東日本に多い 赤花は西日本に多い (マムシグサ) 花の苞は緑色から褐紫色 花は葉の上に位置する。 ウラシマソウ 肉穂花序の付属体 が糸状に長く伸びる サトイモ科... (オドリコソウ) 白花は東日本に多い 赤花は西日本に多い (マムシグサ) 花の苞は緑色から褐紫色 花は葉の上に位置する。 ウラシマソウ 肉穂花序の付属体 が糸状に長く伸びる サトイモ科... (オドリコソウ) 白花は東日本に多い 赤花は西日本に多い (マムシグサ) 花の苞は緑色から褐紫色 花は葉の上に位置する。 ウラシマソウ 肉穂花序の付属体 が糸状に長く伸びる サトイモ科... (オドリコソウ) 白花は東日本に多い 赤花は西日本に多い (マムシグサ) 花の苞は緑色から褐紫色 花は葉の上に位置する。 ウラシマソウ 肉穂花序の付属体 が糸状に長く伸びる サトイモ科... (オドリコソウ) 白花は東日本に多い 赤花は西日本に多い (マムシグサ) 花の苞は緑色から褐紫色 花は葉の上に位置する。 ウラシマソウ 肉穂花序の付属体 が糸状に長く伸びる サトイモ科... (オドリコソウ) 白花は東日本に多い 赤花は西日本に多い (マムシグサ) 花の苞は緑色から褐紫色 花は葉の上に位置する。 ウラシマソウ 肉穂花序の付属体 が糸状に長く伸びる サトイモ科... (オドリコソウ) 白花は東日本に多い 赤花は西日本に多い (マムシグサ) 花の苞は緑色から褐紫色 花は葉の上に位置する。 ウラシマソウ 肉穂花序の付属体 が糸状に長く伸びる サトイモ科... (オドリコソウ) 白花は東日本に多い 赤花は西日本に多い (マムシグサ) 花の苞は緑色から褐紫色 花は葉の上に位置する。 ウラシマソウ 肉穂花序の付属体 が糸状に長く伸びる サトイモ科... (オドリコソウ) 白花は東日本に多い 赤花は西日本に多い (マムシグサ) 花の苞は緑色から褐紫色 花は葉の上に位置する。 ウラシマソウ 肉穂花序の付属体 が糸状に長く伸びる サトイモ科... 辨 シャク属 Anthriscus(峨參屬)については、 シャク を見よ。 訓 和名は英名から。 仏名はセルフィーユ cerfeuil。 説... 辨 シャク属 Anthriscus(峨參屬)については、 シャク を見よ。 訓 和名は英名から。 仏名はセルフィーユ cerfeuil。 説... (オドリコソウ) 白花は東日本に多い 赤花は西日本に多い (マムシグサ) 花の苞は緑色から褐紫色 花は葉の上に位置する。 ウラシマソウ 肉穂花序の付属体 が糸状に長く伸びる サトイモ科... (オドリコソウ) 白花は東日本に多い 赤花は西日本に多い (マムシグサ) 花の苞は緑色から褐紫色 花は葉の上に位置する。 ウラシマソウ 肉穂花序の付属体 が糸状に長く伸びる サトイモ科... 辨 シャク属 Anthriscus(峨參屬)には、次のようなものがある。 シャク (コシャク) A. aemula (東北峨參・峨參) 『中国本草図録』 オニシャク f.... 辨 シャク属 Anthriscus(峨參屬)には、次のようなものがある。 シャク (コシャク) A. aemula (東北峨參・峨參) 『中国本草図録』 オニシャク f.... 辨 シャク属 Anthriscus(峨參屬)には、次のようなものがある。 シャク (コシャク) A. aemula (東北峨參・峨參) 『中国本草図録』 オニシャク f.... 辨 シャク属 Anthriscus(峨參屬)には、次のようなものがある。 シャク (コシャク) A. aemula (東北峨參・峨參) 『中国本草図録』 オニシャク f.... 辨 シャク属 Anthriscus(峨參屬)については、 シャク を見よ。 訓 和名は英名から。 仏名はセルフィーユ cerfeuil。 説... 辨 シャク属 Anthriscus(峨參屬)については、 シャク を見よ。 訓 和名は英名から。 仏名はセルフィーユ cerfeuil。 説... 名称 チャービル 別名 セルフィーユ、ウイキョウゼリ 科・属 セリ科シャク属 品種 写真は愛知県産 流通時期 通年 特記事項... 名称 チャービル 別名 セルフィーユ、ウイキョウゼリ 科・属 セリ科シャク属 品種 写真は愛知県産 流通時期 通年 特記事項... やぶじらみ(藪虱)Torilis japonica 【せり科やぶじらみ属】分布地 全土 葉は人参型で表面が光沢のない2回羽状複葉 少し厚みがある 花茎を伸ばして白い花を多数咲かせる ... やぶじらみ(藪虱)Torilis japonica 【せり科やぶじらみ属】分布地 全土 葉は人参型で表面が光沢のない2回羽状複葉 少し厚みがある 花茎を伸ばして白い花を多数咲かせる ...
詳細検索