大阪府四條畷市下田原 2003.7.16 大阪府四條畷市下田原 2003.7.16 1994.8. 1994.8. マムシにビビリながら歩いていくと、沢のところで上からフワフワと降ってきたものが。木橋にピタリと止まったので見てみると、ウスバカゲロウの一種でしょうか。マムシに比べるとずいぶんかわいらしいですね。 ... マムシにビビリながら歩いていくと、沢のところで上からフワフワと降ってきたものが。木橋にピタリと止まったので見てみると、ウスバカゲロウの一種でしょうか。マムシに比べるとずいぶんかわいらしいですね。 ... ウスバカゲロウ(成虫) ウスバカゲロウ(成虫) ウスバカゲロウ(成虫) ウスバカゲロウ(成虫) ウスバカゲロウ(2006.7.8) Data 和名 ウスバカゲロウ 体長 35mm 開張:75〜83mm 分布 北海道,本州,四国,九州,南西諸島 出現期 6〜10月 幼虫・蛹で越冬。 エサ... ウスバカゲロウ(2006.7.8) Data 和名 ウスバカゲロウ 体長 35mm 開張:75〜83mm 分布 北海道,本州,四国,九州,南西諸島 出現期 6〜10月 幼虫・蛹で越冬。 エサ... ウスバカゲロウの幼虫の巣 アリジゴク 兵庫 2005年6月... ウスバカゲロウの幼虫の巣 アリジゴク 兵庫 2005年6月... 初等理科教育2009年05月号(No540) 初等理科教育2009年05月号(No540) アリジゴク アリジゴク 神社の裏から連れてきたアリジゴク(ウスバカゲロウの幼虫) 右が特大、左が大、真中が小 神社の裏から連れてきたアリジゴク(ウスバカゲロウの幼虫) 右が特大、左が大、真中が小 もどる 見られる時期 7〜9月 分布 北海道〜九州,南西諸島 大きさ 40mm程度 食草など 幼虫は昆虫 説明 幼虫はアリジゴクと呼ばれています。 もどる 見られる時期 7〜9月 分布 北海道〜九州,南西諸島 大きさ 40mm程度 食草など 幼虫は昆虫 説明 幼虫はアリジゴクと呼ばれています。 ケースに移すと特大と小はすぐに穴(巣)を掘り始めた(投入15分後) ケースに移すと特大と小はすぐに穴(巣)を掘り始めた(投入15分後) ようこそおいで下さいました! ここは音楽ユニット「ウスバカゲロウ」のホームページです 下のオシナガキからページをお選びください IE7.0のみで動作確認しております ウスバカゲロウって?... ようこそおいで下さいました! ここは音楽ユニット「ウスバカゲロウ」のホームページです 下のオシナガキからページをお選びください IE7.0のみで動作確認しております ウスバカゲロウって?... ウスバカゲロウ ウスバカゲロウ マダラウスバカゲロウ マダラウスバカゲロウ 幼虫の巣 雨水の掛からない大木の根元によく見られる。 (2008.8.16) 幼虫の巣 雨水の掛からない大木の根元によく見られる。 (2008.8.16) 飼育下での幼虫の巣 1匹採集したつもりだったが、一緒に持ち帰った砂にもれなく6匹付いてきた。 (2008.8.30) 飼育下での幼虫の巣 1匹採集したつもりだったが、一緒に持ち帰った砂にもれなく6匹付いてきた。 (2008.8.30) 初等理科教育2009年05月号(No540) 初等理科教育2009年05月号(No540) 月 初等理科教育2009年05月号(No540) 初等理科教育2009年05月号(No540) 「江戸時代以前の釣り糸は、ガの幼虫の内臓からつくられていた。」... 「江戸時代以前の釣り糸は、ガの幼虫の内臓からつくられていた。」... ても著名である。アミメカゲロウ目のクサカゲロウやウスバカゲロウも、カゲロウとついて混同されされやすいが、こちらはもっぱら陸上生活の肉食の昆虫達である。... ても著名である。アミメカゲロウ目のクサカゲロウやウスバカゲロウも、カゲロウとついて混同されされやすいが、こちらはもっぱら陸上生活の肉食の昆虫達である。... 飼育下での幼虫の巣 1匹採集したつもりだったが、一緒に持ち帰った砂にもれなく6匹付いてきた。 (2008.8.30) 飼育下での幼虫の巣 1匹採集したつもりだったが、一緒に持ち帰った砂にもれなく6匹付いてきた。 (2008.8.30) 月 2005年8月22日(月) 炭焼き窯 時々通る道沿いに炭焼き窯があります。 現役の窯らしく、大量のクヌギが道沿いに積まれていましたが炭焼きの現場は見ることはありませんでした。... 2005年8月22日(月) 炭焼き窯 時々通る道沿いに炭焼き窯があります。 現役の窯らしく、大量のクヌギが道沿いに積まれていましたが炭焼きの現場は見ることはありませんでした。... 名称 ウスバカゲロウ(幼虫) 食物 アリなどの体液 分布 日本各地,朝鮮半島,中国,台湾 撮影場所 神奈川県山北町 撮影日付 2004/08/12 撮影者 まみ 名称 ウスバカゲロウ(幼虫) 食物 アリなどの体液 分布 日本各地,朝鮮半島,中国,台湾 撮影場所 神奈川県山北町 撮影日付 2004/08/12 撮影者 まみ オオバノトンボソウ(ラン科) こちらはトンボではなくランの仲間! オオバノトンボソウ(ラン科) こちらはトンボではなくランの仲間! ホシウスバカゲロウ 翅の周縁に黒い紋があるウスバカゲロウの仲間。 ホシウスバカゲロウ 翅の周縁に黒い紋があるウスバカゲロウの仲間。 Gui. コ ダ マ (本名:児玉広樹)21歳.♂ 右写真のように見た感じクール?で、大人な雰囲気をかもし出す彼。 ... Gui. コ ダ マ (本名:児玉広樹)21歳.♂ 右写真のように見た感じクール?で、大人な雰囲気をかもし出す彼。 ... [photo data : 07/2008 - Yamanashi Japan] Posted: Sun - August 17 2008 at 09:15 PM Quick Links... [photo data : 07/2008 - Yamanashi, Japan] Posted: Sun - August 17, 2008 at 09:15 PM | Quick Links...
次 »
詳細検索